丸善石油化学株式会社丸善石油化学株式会社

 
暮らしを支える 未来をつくる

事業紹介

当社の特徴を活かす新製品・新技術を開発する

石油化学品にはさまざまな製品がありますが、当社ではそれらを大きく二つに分けています。一つは幅広い分野で使われる汎用性の高い「基礎化学品」。
もう一つは特殊な性質を付加した高機能の「機能化学品」。当社ではそれぞれの石油化学品において、量・質ともに国内有数の生産力と開発力を有しています。

photo
当たり前の生活を支える『基礎科学品事業』

原油を精製して得られる「ナフサ」からエチレン、プロピレン、ブタジエン、ベンゼンといった石油化学品を製造し、広く販売しています。これらは衣服、日用品、医療分野などあらゆる分野で利用される原料のため、現代のくらしを支える基礎的な石油化学品として、『基礎化学品』と呼ばれています。中でも主力製品となるエチレンの生産量は、当社の所有するプラントで年間約48万t。合弁会社分も含めると年間117万tになり、単一工場では日本最大級の生産量を誇ります。

 
photo
未来の発展に貢献する『機能化学品質』

様々な分野で利用される基礎化学品に対し、特定の分野で高い性質を発揮するものを『機能化学品』と呼びます。例えばスマートフォンの心臓部である半導体の製造に使われるフォトレジスト用樹脂原料や、リチウムイオン電池に応用可能なアセチレン誘導体など、非常に専門的な化学品の開発に取り組んでいます。新しい性質の機能化学品を開発することで、その分野の技術革新につながる可能性もあり、まさに未来の発展に貢献している事業と言えます。

 
photo
高い技術力と研究開発力が二つの事業を支える

安定供給を実現する技術力と新たな製品を生み出す研究開発力によって、当社の事業は成り立っています。製造については千葉県の京葉工業地域と三重県の中京工業地帯に工場を有しています。とくに千葉工場はコンビナートの中核を担うエチレンセンターとして機能しており、近隣の石油化学メーカーとパイプラインをつなぎ、二つのエチレンプラントの競争力を活かした装置稼動を行っています。
プラントは24時間365日休まず稼働しており、ユーザーへと製品を供給し続けています。石油化学品は製造業の根幹部分を担っているため、もし何かの原因でプラントが停止すれば社会への影響は計り知れません。当社はあらゆる事態を想定した対策と綿密なメンテナンス計画、そして確かな技術力によって安定供給を実現しています。
また研究開発分野では丸善石油化学にしかできないオリジナルな製品の開発にむけて日夜努力を続けています。とくに技術革新がめざましく進むエレクトロニクス分野はスピードが勝負の世界。時代を先取りした製品開発のため、当社でも新たな開発部門を2011年に立ち上げたばかりです。社会全体の発展に向けて、これからも精力的な研究開発を行っていきます。

pagetop